経理業務をアウトソースするメリットやデメリット、費用は?

経理の業務とは会社の運営にとってとても重要な業務です。しかし、経理業務は紙の書類での手続きなどが多く、手間も時間も人経費も掛かってしまいます。そんなとき、日々の経理業務をアウトソースするという手段があります。

経理のアウトソースとは、経費削減などを目的として経理業務を外部に委託することです。この記事ではアウトソースする際のメリットやデメリット、費用をご説明いたします。

1.経理をアウトソースするメリットとデメリット

経理業務をアウトソースするメリットとデメリットは以下のとおりです。

メリット

デメリット

コストが削減できる

経理のノウハウがたまらないため問題発生時の対応が難しい

アウトソースによって重要な作業が集中できる

アウトソース先の会社とのやり取りに時間と手間がかかる

経理担当者が退職しても引き継ぎが簡単なため、退職によって業務が滞る心配がない

アウトソース先の会社を変更する際に引き継ぎ費用が高額になる

経理業務をアウトソースする場合のメリット・デメリットをそれぞれ解説していきます。

1-1.メリット

コストが削減できる

アウトソースをすることで、人員の削減になりますので人件費などのコストを削減できます。通常、人を雇う事で繁忙期の期間は残業代が増え、平常時の人件費は固定されます。アウトソースすることで人件費の削減や福利厚生費、採用や教育費用も削減が見込めます。

アウトソースによって重要な作業が集中できる

アウトソースすることで、これまで経理業務にかけていた労力と手間と時間が空きます。その分、社内の重要な作業に集中することができるので、会社全体の業務の最適化にもなります。

経理担当者が退職しても引き継ぎが簡単

自社で経理担当者を雇っている場合、その担当者が退職してしまうと、業務の引き継ぎ作業が必然的に生まれ、日々の業務が滞る可能性があります。アウトソーシングすることで、経理業務そのものを切り出して委託するため、引き継ぎが簡単で業務が滞る心配もありません。

1-2.デメリット

経理のノウハウがたまらないため問題発生時の対応が難しい

例えば、緊急の支払い時など、そもそもマニュアルが存在しない業務の問題が発生した場合などの対応が難しいというデメリットがあります。また、委託した場合は経理のノウハウがたまらないため、将来自社で経理業務を行う際の環境や時間が必要となります。

アウトソース先の会社とのやりとりに時間と手間がかかる

アウトソースするまでにアウトソース先の会社との間で、契約や領収書の送付ルール、社内周知などの詳細な取り決めなど、導入までのやりとりや導入後の連絡などのやりとりに時間と手間がかかります。

アウトソース先の会社を変更する際に引き継ぎ費用が高額になる

一度アウトソース先の会社を決めたものの、途中で何かしらの理由でアウトソース先の会社を変更する場合に引き継ぎ費用が高額になります。場合によってはオプション費用がかかったり、別料金が発生することも。

ですので、アウトソースする場合の会社選びは、最初の選定の段階からしっかりと検討を行いましょう。

 

2.経理をアウトソースする場合にかかる費用

アウトソースする業務ごとの費用の目安をご紹介します。

記帳代行 (100仕分けまで)

10,000円/月

給与計算代行(社員1名あたり)

1,000円/月

決算書作成代行

50,0000円/回

経理代行

10,000円~/月(業務量に応じて追加料金発生)

給与計算代行(社員1名あたり)

1,000円~/月(従業員規模により変動)

年末調整代行(社員1名あたり)

500円~/回(従業員規模により変動)

3.経理でアウトソースできる業務例

経理業務でアウトソースできる業務例を解説します。

見積書の作成

取引の相手方に対して提出する書類です。サービスの対価や商品がいくらになるかを事前に知らせるために作成します。

注文書の作成

相手方が提示してきた見積書に対して発注の意味で作成するのが注文書です。「発注書」と呼ぶこともあります。

請求書の作成

相手方の会社に正式に代金の請求を行うために作成します。請求書の内容に沿って相手方から代金が支払われることになります。

決算書の作成

決算書とは一定期間の経営成績や財務状況等を明らかにするために作成する、いわば「企業の成績表」のようなもの。正式には財務諸表と呼びます。

事業計画書の作成

事業計画書とは、これから始める事業内容について簡単にまとめた書類のことです。具体的な事業の進め方や実現可能性、採算性、安全性、成長性などを加味して客観的に、明瞭に作成します。

受発注管理

受発注管理とは、取引の相手方から受けた注文も受注して記録したり、こちらが発注した注文を記録したりなどの一連の手続きを行う業務のことです。

出荷管理

取引先への引き渡し日の確認や、出荷のための準備を行いの指示を行うために行います。

在庫管理

倉庫にどれくらいの在庫管理とは保有している現品を適切に管理することです。

売上管理

売上管理とは日々の売上を管理・分析することです。目標とする売上高を達成するための指標にしたり、販売の一連の流れを管理します。

経費精算・管理、データ入力

手作業で行う仕分け作業や、ソフトへのデータ入力など。決算のために必要な勘定科目を入力したり管理したりする必要があります。

4.経理をアウトソースするべきかどうかの判断ポイント

実際にアウトソースするときは、導入するべきかどうかの適切な判断が必要になります。事前にアウトソースする自社の業務を把握したり検討したりしてから判断しましょう。

4-1.アウトソースできる自社の業務がどれくらいあるか調べる

アウトソースできる自社の行うがどれくらいあるかは事前に調べておきましょう。アウトソースできる業務をリスト化して検討するのも良いです。一度リスト化してみて、他社に委託できない業務ばかりだった場合、アウトソースできる業務が少ない可能性があります。

その場合、導入費用や手数料だけが余計にかかり費用対効果も悪く、アウトソースする意味がなくなります。

4-2.業務の最適化によってコストが削減できないかを検討する

自社に経理に詳しい専任者がいる場合は、マニュアル化、標準化、最適化することによって効率化することができる場合があります。

日々の経理業務を新人や若手社員など、だれにでもできるようにマニュアル化したり標準化したりすることで業務が最適化されて、結果的にコスト削減につながります。

4-3.RPAやAIによってコスト削減できない検討する

アウトソース以外の方法でRPAやAIによってコストを削減する方法もあります。RPA(ロボット・プロセス・オートメーション)は経理業務などの事務作業をロボットが代わりに行うシステムです。

従来人間が行っていた事務作業をロボットが代行してくれるので、人は販促会議や企画などの生産的な時間に労働時間を費やせます。

AIはクラウド会計システムなどにすでに導入されており、勘定科目や費用などをAIが記憶して自動で振り分けてくれます。また画像認識技術により領収書やレシートを画像から読み取り、自動でシステムに入力できます。

5.まとめ

経理業務をアウトソースするメリットやデメリット、費用について解説してきました。いかがでしたでしょうか。

経理業務をアウトソースするときはそれぞれメリット・デメリットがあります。場合によってはアウトソースするよりも社内で業務を最適化する方が費用対効果がいい場合も。また最近ではRPAやAIを導入することで、作業が自動化されて結果的にコスト削減になることもあります。

経理業務のアウトソースをお考えの場合は今後RPAやAIの導入も検討してみてもよいのではないでしょうか。